HDDの盗難対策にも役立つ!TPMチップ搭載のパソコン

パソコン本体の暗号化とTPMによる暗号化の違い

パソコンを使ってデータの処理をするときがあるでしょう。仕事によっては外部に流出すると困るデータを用いる時もあり、そのデータを入れた状態でパソコンを外部に持ち出したりもします。十分注意を払いながら使うでしょうが、ちょっとした隙に紛失したり盗難に遭う可能性があります。法人向けパソコンの中にはセキュリティ機能を高めたものがあり、よく知られているのはログイン制御がされたタイプです。ただこちらはハードディスクそのものへのセキュリティではないので、ハードディスクを取り外して他のパソコンから中身を見たりができます。TPMチップが搭載されたものはハードディスクそのものにあるセキュリティで、取り外して他のパソコンからアクセスなどはできません。

どこに暗号を解除する鍵があるかの違い

法人向けパソコンを導入するとき、セキュリティレベルが高いタイプを選ぶ方が良いでしょう。社外からの情報流出だけでなく社内における情報流出もあります。そのパソコンを管理している人以外が自由に使えないようにしないといけません。セキュリティの仕組みとして暗号化があり、暗号を解除する鍵がないと情報が見られません。パソコンによってはハードディスク内に鍵を隠すタイプがあり、鍵の情報を調べられると暗号を解除される可能性があります。より高度なセキュリティの仕組みとして前述したTPMチップがあります。こちらはハードディスクとは別に暗号を格納するチップが用意されています。TPMチップ自体を解析しないと暗号が解除できないので、よりセキュリティ性が高いと言えます。

© Copyright Computers For Corporations. All Rights Reserved.