使い勝手はそのままに!データ移行サービス

以前のパソコンと同じ使い勝手で使える

パソコンは消耗品と言われています。特に消耗が激しいのがハードディスクと言われ、一定期間利用していると動作が不安定になったり、止まったまま動かなくなるときもあります。動作が不安定になって来たらバックアップをこまめに取るようにし、急に使えなくなっても困らないようにしないといけません。使えなくなったらパソコンを変更しなければいけませんが、データの移行作業などは結構手間がかかりそれだけで半日や1日取られるときもあります。法人向けパソコンを提供してくれる業者の中には、以前のパソコンと同じ使い勝手の状態にして納品してくれるところがあります。自分でセットアップをしたりデータを入力などの作業が不要なので、パソコンの知識がない人でもすぐに使えます。

メールデータなどは移行が大変

パソコンで利用するソフトとして、ワープロソフトや表計算ソフトなどがあります。これらは比較的扱いやすく、他のパソコンにファイルを移してもそのまま使えます。パソコンだけでなくサーバなどに保存もできます。一方メールのデータは特殊な状態で保存されていて、一応データはあるものの別のパソコンに移してもそのままでは使えません。メール以外にも特殊なソフトのデータは、別途移行作業が必要になるときがあります。法人向けパソコンを提供する業者にはデータ移行サービスを行ってくれるところがあります。表計算ソフトのデータなど以外にメールのデータなども移行してもらえます。移行に関わる面倒な作業を減らせるので、業務に集中しやすくなります。

© Copyright Computers For Corporations. All Rights Reserved.